本文へスキップ

動物看護師の声/動物看護師になりたい

『動物看護師になりたい』へようこそ!

H・Aさん(女性・21歳)

動物看護師は、人と動物をつなげる「かけ橋」としての役割が非常に大切だと思っています。

例えば、飼い主さんから問診した動物の様態や症状、入院している動物のサインも見逃さず、体調に変化があれば、すぐ獣医師に報告するなど、動物医療の現場では動物看護師からの情報がいのちを救うことも少なくありません。

意外かもしれませんが、動物看護師には、コミュニケーション力が大切なのです。

病気の犬が来院したとき、いつからそんな状態で、何を食べ、便や尿に異常がないかなど、動物の細かい情報を飼い主さんから聞き取るうことが何より大切です。

また、スタッフ間でもやるべき作業を確認し合うことは、ミスのない看護や治療を行うために不可欠です。

他にも、動物を看護するときは声を出して話しかけてあげると、食欲が回復したり、元気になることが多くあります。

動物看護師の行動が動物の命を左右する、そう思うと責任の重さを感じずにはいられません。

でも、だからこそやりがいも感じられる素晴らしい仕事だと日々感じています。



動物看護師になるには

 動物看護師 通信講座

ペットビジネスで働くすべての方へ!
ヒューマンアカデミーの通信講座
動物看護士講座

ペット業界で必要とされる知識や技術を身につけ、独立・開業のビジネスチャンスを掴む。

LINKについて

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』動物看護師

相互リンク募集中

LINK1    LINK2    LINK3    LINK4
LINK5    LINK6    LINK7    LINK8


ナビゲーション