本文へスキップ

動物看護師の資質/動物看護師になりたい

『動物看護師になりたい』へようこそ!

動物看護師の資質

動物の大切な命と心を救う、獣医療の専門家。

動物看護師は、診療や手術補助などの看護に関する役割はもちろん、高齢動物やハンデを持つ動物の介護やリハビリ、東洋医学における鍼灸やマッサージでの治療法など、全ての獣医療に対応出来る専門性が必要とされています。

また、動物を介して療法・活動・教育を行うアニマルセラピーは、人と動物、双方の心理的・身体的ケアが出来る人材が求められています。

動物看護士として必要な知識としては基礎になる看護学、獣医学、動物科学や美容科学など、さらに実務に関することで、法律や受付、薬学や手術、検査から、一般的な診療の補助まで多岐に渡ります。

また、動物を愛する心はもちろんのこと、飼い主にペットの病気をわかりやすく説明する力が必要、またトリミングやグルーミングや食事の管理なども必要になるため、多方面での学習が必要になります。

さらに体力も結構必要になります。

ペットの高齢化が進む今後、専門知識を持った動物看護士はますます需要が高まると思われる。



動物看護師になるには

 動物看護師 通信講座

ペットビジネスで働くすべての方へ!
ヒューマンアカデミーの通信講座
動物看護士講座

ペット業界で必要とされる知識や技術を身につけ、独立・開業のビジネスチャンスを掴む。

LINKについて

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』動物看護師

相互リンク募集中

LINK1    LINK2    LINK3    LINK4
LINK5    LINK6    LINK7    LINK8


ナビゲーション